Pre Seminar in 宮城

参加希望の方は下記から申込みをお願いします

参加申込みはこちら

↓↓↓詳細は以下の通りです。↓↓↓

開催概要
◆日時:2019年 7月 14日(日)13:00-17:00
◆会場:東北大学 青葉山キャンパス ラーニングコモンズ
◆参加対象:主に大学生・大学院生 (高校生、高専生も参加可能です。)
◆参加費:無料
タイムライン
12:30- 開場
 13:00-13:15 開会式(TOMODACHIセミナー概要説明など)
 13:15-14:45 パネルディスカッション
   松橋 穂波(株式会社epi&company代表取締役)
キャメロン・ロイ・スチュアート 氏(株式会社フリーコム代表取締役)
モデレーター 小山田 有裕(一般社団法人MAKOTO ディレクター)
 14:45-15:00 休憩
 15:00-16:45 セッション「社会を変えるアイデア創出ワークショプ」
 16:45-17:00 閉会式(セッション振り返り、セミナー過去参加者の成長事例紹介など)

セッション内容

パネルディスカッションテーマ:『先輩起業家TALK〜困難に挑む力』
ビジネスを進める上で、大きな課題や困難に直面することは少なくありません。先輩起業家はどのようにして、直面した大きな困難を乗り越えていったのか。課題解決方法、困難に向き合うメンタリティや志、コミュニティの持つ力についてパネルディスカッションを通じて学びます。

『社会を変えるアイデア創出』
ビジネスや課題解決のもととなる「アイディア」の発想には、いくつかの方法が確立されていますが、具体的な方法を体験し、学ぶ機会はなかなかありません。今回の講演では、短時間で可能な「アイディア発想術」を学び、課題解決方法を生み出す手法を取得します。起業やプロジェクトを立ち上げるのは、特別な能力を持った人のみに可能なことではありません。具体的な「アイディア発想術」を学び、自ら行動を起こせば誰にでも可能性がある、ということをぜひ体感してください。

講師・メンター
画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外、クローズアップ

廣川 克也 (SFCフォーラムファンド ファンドマネージャー)

三井住友銀行、北海道大学を経て、慶應義塾大学にて起業支援、起業教育に従事。多くの学生起業家をサポートし、2009年にはI2P global competitionにて慶應チームを世界一に導く。2017年7月、大学発スタートアップに投資するベンチャーキャピタルを設立。

▼登壇者:

松橋穂波(株式会社epi&company代表取締役)
青森県八戸市出身。宮城教育大学卒業。「東北の女性が輝ける場づくりをする」をミッションに、学生時代に東北女子学生コミュニティepiを設立。現在、株式会社epi&company代表取締役。東北の女性コミュニティを運営している。女性×企業のコラボで、イベントの企画や商品開発、プロモーション活動などを行っている。その他、地域活性のプロデュースも行っており、やまがた若旦那や仙台シャルソンなどのプロデュースを手掛けた。SENDAI for Startups! ビジネスグランプリ2017 女性起業家特別賞を受賞。

キャメロン・ロイ・スチュアート 氏(株式会社フリーコム代表取締役)
英国スコットランド出身。2007年福島県郡山市に株式会社フリーコムを設立し、英会話教室を開校。事業を順調に拡大する中、2011年に東日本大震災が発生。教室建物の倒壊、原発事故による外国人講師の国外避難、通学していた生徒の県外避難などの問題に直面する中、スタッフと2人で教室を継続。現在、不屈の精神で成長を遂げ、現在、東京赤坂見附、仙台市、福島市、郡山市に5つの英会話教室を展開、2017年6月にはいわき市にオープンする「いわきFCパーク」内にいわきFC校を開校。さらに通訳派遣や資料翻訳、校正など国際会議等にもサービスを提供。

▼モデレーター:小山田 有裕(一般社団法人MAKOTO ディレクター)
仙台市出身。信用金庫の中央金融機関である信金中央金庫にて東北地方沿岸部の信用金庫と共に被災企業の再建活動に従事後、2017年5月より一般社団法人MAKOTOに参画。現在は、東北大学と連携して学生や教員向けの起業支援活動を展開。東北大学スタートアップガレージメンターを担当。

開催体制
主催:公益財団法人 米日カウンシルージャパン TOMODACHIイニシアチブ
    一般財団法人SFCフォーラム
共催: 国立大学法人東北大学(東北大学スタートアップガレージ)
協賛: ボーイング社
協力: 一般社団法人MAKOTO

共催パートナー:ボーイング社

(参考)TOMNODACHIセミナーについて
本セミナーは、1年間を通じた教育プログラムということにその特徴があります。

プレセミナーメインセミナー/中間審査会最終審査会アメリカスタディツアー
自分たちのアイデアやプロジェクトを前進させるきっかけを掴んでもらうためセミナー・ワークショップを全国各地で開催します。
(プレセミナーは9月のメインセミナーに参加するための事前学習も兼ねています。)
書類選考で選抜されたチームが、神奈川県の慶應義塾大学日吉キャンパスに集まり、3泊4日の合宿を通じて成長していきます。全国から選抜された学生たちは、仲間と互いに刺激し合い、他者に良い影響を与えることを意識して、チームのプランを洗練させていきます。合宿最終日にはビジネスプランを発表し、12月の最終審査会に進むチームを決定します。
※なお、選抜されなかったチームに対するフォローアップも継続して実施します。
最終審査会に進んだチームは、様々な人との対話を続け、自分たちで考え抜き、ひたすら行動した結果を応援してくれた方たちの前で報告します。この最終審査会において、特に素晴らしい成長を見せてくれたチームに対して、2020年2月に実施予定のアメリカスタディツアーに参加する権利が与えられます。
ビジネスで世界の最先端を走り続ける場所を訪問し、現地の人との交流を通じて、多様な視点を知り、たくさんの気づきを得ることで、学生は素晴らしい成長を遂げます。
なお、地方の学生の皆さんにも参加していただきたいので、メインセミナー/中間審査会(②)や最終審査会(③)、スタディーツアー(④)に関する宿泊費・交通費の一部などは、事務局が負担します。セミナーに参加することで貴重な経験やかけがえのない仲間が得られると思います。この機会を逃さず、自分を成長させることにぜひ「挑戦」してみてください!

※今回のプログラムは、公益財団法人 米日カウンシルージャパン TOMODACHIイニシアチブ、一般財団法人SFCフォーラムが主催する「Keio SFC-TOMODACHI Entrepreneurship Seminar」のプレセミナーとして開催します。全国および日米の同世代の若者"TOMODACHI GENERATION"の交流を図り、次世代リーダーの育成を目指していきます。

#TOMODACHI